Rope Access Japan
  ≪HOME
ロープアクセス作業の特徴
ロープアクセスの特徴
業務案内
施工事例
費用比較シミュレーション
会社概要
Q&A
リンク
お問合せ・資料請求
 
ロープワークの特徴
 
当社の採用するロープシステムは登山用具を用いた西欧方式。
スマートで安全で使用方法によって非常に応用範囲が広いのが特徴です。
しかし、重要なのは道具ではありません。
最新の器具、最新の工法を採用するだけではなく、これらの使用法を熟知し、より安全に・よりフレキシブルに、常に変化し続ける作業システムが私達の最大の武器です。
 
なぜロープ作業か
 

通常、高所の作業には仮設足場や高所作業車・ゴンドラなどが使用されます。しかしこれらは概して大げさで、ある程度の(時には膨大な)コストがかかります。
仮に作業そのものが非常に小規模であってもそれは変わりありません。
ちょっと壁を補修するだけなのに、ちょっと点検をするだけなのに、大勢の人員を動員して大げさな足場を構え、そのために時には実際の作業工賃の何十倍もの金額になる足場費を払う、などということも実は珍しくありません。
さらに建物の形態によっては、足場や高所作業車などではクセスできない箇所もあります。
ロープでのアクセスはこれらの工法の弱点をカバーします。
つまりコストが低く、迅速で、技術次第でどんな複雑な形態の構造物にでも対応できるのです。

 

 
ロープ作業に向いている仕事・向いていない仕事
 

ロープアクセスは万能ではありません。
緊急を要する作業・小規模な補修・複雑な形状の建物での作業、などではその効果を充分に発揮できるのに対して、大規模な補修工事・高度な専門技術を要する作業・非常に大きな工具や材料を使用する作業などではその特徴があまり生かされません。

■向いている作業:
窓ガラスの清掃や外壁の清掃など清掃全般・タイルや目地などの小規模な補修工事・垂れ幕の設置・鳩避け工事・電球交換・簡単な塗装・調査など。
マンションや共同住宅など、防犯上長期的に足場を設置することが望ましくない建物の施工。

■向いていない作業:
建物全体の改修工事・大規模な防水工事・電気工事など特殊な資格や技術を要する作業・新築工事など。

 

 

≫ロープアクセスの業務案内
≫費用比較シミュレーション
   

運営

株式会社アーバンテクノ
■本社/研修センター          埼玉県さいたま市西区佐知川159 
■東京事業所/データセンター    東京都豊島区東池袋2-38-4    
■アーバンテクノ沖縄          沖縄県那覇市高良2-6-19  

このサイトに関するお問合せはメール問い合わせフォームからお願い致します。

Copyright 2005 UrbanTechno, Inc. All rights reserved.